仮想通貨コインぽーたる

仮想通貨の知識や取引についての情報をわかりやすく発信する
初心者向けの仮想通貨ポータルサイト!

仮想通貨の現物取引と
仮想通貨FX(レバレッジ取引)の違いとは?

現物取引と仮想通貨FX(レバレッジ取引)の違いとは?

仮想通貨投資を始める際、注意したいのはその取引方法です。

仮想通貨の取引には「現物取引」と「仮想通貨FX(レバレッジ取引)」の2つがあります。
今回はそんな取引方法の違いについて詳しく見ていきます。

仮想通貨の現物取引とは

まず、仮想通貨を購入するイメージがしやすいのがこの「現物取引」です。
現物とは、実際の品物という意味を表します。

仮想通貨取引の場合は、ビットコインやイーサリアムと言った通貨そのものを指します。

現物取引は仮想通貨を保有するための取引

仮想通貨の現物取引とは

現物取引は通貨を購入(保有)するための取引です。

ビットコインなら、ビットコインを保有するための取引となります。

仮に、現在のビットコインの値段が1BTC=100万円である場合、
1BTCを保有するのに100万円を支払います。

満額支払えば、手元にあるビットコインはあなたの所有物となります。

仮想通貨の実体があるわけではありませんが、好きに使うことが出来ます。
ウォレットに保管したり、買い物に使用したり、他の通貨に交換することも可能です。


仮想通貨FX(レバレッジ取引)とは

仮想通貨FXとは、仮想通貨の証拠金取引です。
証拠金は、取引所に預け入れるお金のこと。

証拠金取引では、預け入れているお金を使用して、
仮想通貨そのものの受け渡しを行わずに、差額分のみの決済取引を行います。

仮想通貨FXは仮想通貨を保有しない取引

仮想通貨FX(レバレッジ取引)とは

取引用の口座に入金した金額の分だけ取引を行えますが、実際には通貨を保有しないので、
現物取引のように「買ったまま・売ったまま」という事はできません。

買ったら売る、または売ったら買い戻すまでが一つの取引となります。

証拠金取引では、取引で売買した際の差額を利益として受け取るのが目的の取引で、
短期間で取引を繰り返して利益をねらいます。

売買する額よりも少ない資金で始められる「レバレッジ」の存在が特徴的なのですが、
仮想通貨や投資の経験のない方には少し馴染みのない取引かもしれません。

→ 仮想通貨FXのレバレッジ取引とは?

仮想通貨FXについて詳しく知る前に、本来の「FX」について解説します。


そもそも「FX」とは

FX(エフエックス)は、私たちが扱っている円や、
海外の通貨ドル・ユーロなどを売買して利益を狙う取引のことです。

英語で「Foreign Exchange」と表記し、その略称がFX。

日本の正しい表記では「外国為替証拠金取引」、略して「外為(がいため)」とも呼ばれています。

このFXは、仮想通貨の取引が報道されるずっと前から、身近な投資として親しまれてきました。

仮想通貨と同じく、副業として行っている方も数多く存在します。

基本も仮想通貨の売買と同じく、
2つの通貨の価格差で利益を目指していくというものです。

実際に外貨を買って保有するのではなく、
価格差分のみの資金の受け渡しで済むというのが特徴になります。

では取引資金の動きについて、詳しく見てみましょう。


FX取引の例 「レバレッジ」で必要資金はどう変わるのか

仮想通貨FXでも挙げた「レバレッジ」は日本語で「てこ」という意味です。

てこは、実際には軽いものや微力でも、大きな物・重い物を持ち上げることが出来ます。

FXでは資金に当てはめて、少額で大きな額を動かすことのできる仕組みとして使われています。

日本円と米ドルとの取引の例で見てみましょう。

日本円と米ドル取引の例

1ドル=100円の際に、1万ドル分を買う取引をします。

外貨の現物取引であれば100万円が必要です。

しかし、FXの場合は100万円ピッタリを用意する必要はありません。
レバレッジを使用することで少額で買い取引を行うことが出来ます。

FXの最大レバレッジ25倍であれば、
100万(円)÷25(倍)=4万円

レバレッジを使用することで、最低4万円で100万円分の取引が動かせるということになります。


取引額よりも少額で良いのはなぜ?

ではなぜ上記の取引が成立するのでしょうか?

実は、
FXは購入した外貨を保有するための取引ではないから
というのが答えです。

FXは差額の受け渡しのみを行う取引

FXは実際には外貨の受け渡しが無い取引になるので、
現物取引のように買った外貨を保有して、好きに使うことは出来ません。

代わりに、買い取引をした後には、必ず売りの取引をセットで行うことになっています。

通貨を買った後、売りに出されるのがあらかじめ決まっているため、
実際には通貨の受け渡しはされません。

差額で発生する金額のみを受け渡ししようというのがFXの決まりです。

そのため注文をしただけでは残高に変化はなく、
決済を行った時点の差額にのみ変化が現れます。

利益が出れば、利益分の日本円が取引会社から支払われます。

逆に損が出れば、こちらから損額分を会社へ支払わなくてはなりません。

先ほどの1万ドル購入の例でも、発生する差額分は100万円より小さくなります。

例えば1ドル=101円の時に売れば、1万円の利益。
1ドル=99円の時なら1万円の損です。

例え口座に預けているのが4万円だとしても、1万円の損を支払うことは可能です。

最初から証拠金として必要な分のみを預け入れているということになります。

証拠金というのは、仮に損が出ても「差額分をしっかり支払いますよ」
という信頼で成り立っているとも言えます。


仮想通貨FXの特徴

仮想通貨FXの特徴

仮想通貨FXでも、FXと基本の流れは同じです。

ただし、レバレッジの最大値はFXより小さく、改正で5倍までに引き下げられています。
※2018年3月現在

仮想通貨FXでは、仮想通貨を実際に買って保有するのではなく、
差額で利益を出すことのみを目指します。

電子マネーのように使用したい場合を除き、
投資として始めるのであれば、仮想通貨FXがオススメです。

主な取引所でも、投資を行う方には仮想通貨FXを提供しています。

仮想通貨FXの特徴であるレバレッジを使用することで、
現物で購入するよりも少ない金額から始めることが出来ます。

また、差額分のみの受け渡しのため、「売ってから買い戻す」取引が可能なのも特徴のひとつです。

必ず「安い値段で買って、高く売らなくてはならない」のではなく、
「高い値段の時に売って、安いときに買う」という逆の取引も出来るので、
仮想通貨の値段が下がった時にも利益を出すことが可能です。


まとめ

これから仮想通貨取引を始める際に、
現物取引仮想通貨FX(レバレッジ取引)
どちらがいいのか?

両方の取引方法のメリット・デメリットをまとめてみました。

現物取引のメリット
仮想通貨を使いたい・価値が上がるまで保有したい人向け

・通貨を保有できる
購入した金額以上に損をすることはない
・長期で保有するのにも向いている

仮想通貨現物取引のデメリット

・レバレッジ取引と比べると購入の手数料が割高
・短期間では利益を出しにくい

仮想通貨FXのメリット
取引メイン・短期間で利益を狙いたい人向け

・レバレッジを使って少ない金額でも大きな取引ができる
・相場が下がっても利益を出せる(空売り)
・現物取引よりも手数料が安く通貨を売り買いできる
・短期間で利益を出しやすい

仮想通貨FXのデメリット

・必ず決済が必要(通貨は保有できない)
・口座に入金した資金以上の損が出る場合がある(レバレッジ)
・長期の運用には向いていない

もちろん投資に絶対はありませんので、
リスクも伴います。
仮想通貨投資を考えている方は、無理のない資金運用から始めるようにしましょう。

仮想通貨取引所ビットトレードとは

関連する記事

初心者向け!ワンコインから仮想通貨取引できる
ビットトレードの特徴やメリットとは?

Twitterはじめました!

サイトの更新情報や
仮想通貨のニュースを配信中!

注目の記事