仮想通貨コインぽーたる

仮想通貨の知識や取引についての情報をわかりやすく発信する
初心者向けの仮想通貨ポータルサイト!

仮想通貨とは?その正体を初心者でも分かりやすく解説

仮想通貨とは?その正体を初心者でも分かりやすく解説

まずは仮想通貨について知ろう

今テレビで取り上げられ、インターネットでも話題になっている仮想通貨。
「そもそも仮想通貨とは?」という疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

まずは仮想通貨そのものが、どのようなものなのかについて解説していきます。

仮想通貨はデータとして存在する”お金”

仮想通貨はその名前の通り、仮想の通貨、つまりお金です。

海外では「crypto-currency」といって、「暗号通貨」という名前で親しまれています。

一体なにが仮想、暗号なのか。
それは、このお金がインターネット上でのみ存在することから来ています。

仮想通貨には実体がありません。
みなさんがイメージする通常のお金のように、硬貨や紙幣がないのです。

現実には形はなく、インターネット上にのみ「データ」としての情報が存在しています。

身近な例をあげると、仮想通貨は電子マネーと似た性質を持っています。
詳しい仕組みを見ていくと大きな違いがありますが、実体がないのに「きちんとお金としての価値が認められている」という点ではほぼ同じと言えるでしょう。

実際、仮想通貨を電子マネーとして使っている場合もあります。

日本では一部大手企業でのビットコイン決済が認められましたし、海外ではレストラン・ファーストフード・コーヒー店などといった店舗で気軽に使えるようになってきています。

ではなぜ、手に取ることのできないデータ情報であるにも関わらず、仮想通貨は実際に使用できるのでしょうか?

実際の通貨(=法定通貨)との違いを比べながら見ていきましょう。

法定通貨(円やドル)とは どうして価値があるのか

私たちが普段使用している日本円を含む実際の通貨は、
ドルやユーロなどもみな法定通貨と呼ばれています。

法定通貨を発行しているのは、その国自体。日本円なら日本が発行します。

例えば1万円も、見た目だけで見るならただの紙です。
この紙がお金として使えるのは、私たちが国を信頼しているから、そして国自体も価値を保証しているからでしょう。

おままごと用のおもちゃの紙が1万円として使えないのは、
「国が発行した通貨でない」=「信用がない」=「価値がない」からです。
偽札でも同じことが言えます。

仮想通貨の管理元と仕組み

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは

一方の仮想通貨ですが、そもそもの形がありません。

そして、仮想通貨の特徴としてあげられるのが「発行元・管理元が存在しない」ということです。

では誰がどうやって、通貨の価値を保証するのでしょうか?

仮想通貨には管理元が存在しない代わりに、通貨に信用を与える仕組みがあるのです。
それが、ブロックチェーン技術になります。

ブロックチェーンは分散型台帳とも呼ばれるシステムです。

前提として、仮想通貨はデータのためインターネット上でやりとりされます。
このシステムでは、インターネット上のやり取りデータの全てをブロックごとに記録しています。

「取引履歴」や「いくら所持しているのか」などの情報は全てブロックチェーンに記録され、
常に誰にでも見れる状態で公開されいているというのが仮想通貨の新しい概念
です。

この情報は一か所ではなく、分割して膨大な数が管理されています。
記録したブロック同士をチェーンのように繋げて管理していることから、ブロックチェーンと呼ばれています。

仮に一部で盗まれるなどの不正がされそうになっても、他の個所から記録をさかのぼって不正から守ることが出来ます。

また、記録にない通貨を作っても使用ができません。偽札のように偽装は出来ないということになります。

法定通貨の場合、国という一つの管理元なのに対して、
仮想通貨は「世界中のネットワーク」で分割して情報を記録・管理をしているのがポイントです。

馴染みのない仕組みですが、上記のように仮想通貨の信用・安全性が保たれています。

分散して管理するというブロックチェーンの仕組みは大変良くできたもので、
お金の管理以外もアプリ開発・公共サービスに利用され始めています。

仮想通貨にはどんなメリットがあるか

仮想通貨のメリット

では仮想通貨を利用することにどんなメリットがあるのでしょうか?

イメージしやすいのは海外への送金です。
データという特性を生かして素早く、そして手数料もほとんどかからずに送金することが可能です。

自国の通貨に換金するだけでなく、そのまま仮想通貨の形で決済しても問題ありません。

また、ブロックチェーン技術の説明では紙幣の偽装をあげましたが、その他の不正に関しても強いのが特徴です。

取引の情報が公開されているので

・不正のない取引かチェックが可能
・勝手に改ざんされるということが起こりにくい
・データがなくなりにくい

といったメリットがあります。

仮想通貨を考える際によく心配される「データだから消えてしまうのでは?」という疑問にも、
対応していると言っていいでしょう。

日本で認知されるようになったマウントゴックス事件

便利さもあり、不正にも強い仮想通貨ですがまだまだ日本では普及しているとは言えません。

実は「データだから消えてしまう」、「仮想通貨は怪しい」という偏った認識を植え付けてしまった事件があります。

仮想通貨の存在を世間に知らしめることになった、マウントゴックス事件です。

マウントゴックス事件とは

事件当時、115億円にものぼるビットコインが消失したニュースで話題になりました。

原因はサイバー攻撃による盗難だと言われていましたが、真相はマウントゴックス社で管理していたビットコインを、内部者が横領していたという驚くべきものだったのです。

犯人である社長の逮捕もされましたが、
この真相についてはほとんど放送されることがありませんでした。

日本では今ほど仮想通貨への関心が高まっておらず、
恐らく報道陣も仮想通貨に対する理解が浅かったのでしょう。

ビットコインの名が世間に知られる結果になりましたが、一方で「ビットコインは危ないもの、詐欺」というようなイメージも先行してしまったのです。

ビットコイン=仮想通貨ではない

ビットコイン=仮想通貨ではない

ビットコイン以外にも様々な仮想通貨が存在する

マウントゴックス事件から、「ビットコイン=仮想通貨」とだけ覚えてしまっている方も多いようです。

日本で最初に名前が広まったのはビットコインですが、仮想通貨の種類はビットコインだけではありません。

他にアルトコインという種類の、
イーサ・リップル・モナコイン…etcなど多数が存在しており、その数は数千以上にのぼります。

仮想通貨は全体の総称としての呼び方であり、ビットコインはその中のひとつでしかないということを忘れないようにしましょう。

Twitterはじめました!

サイトの更新情報や
仮想通貨のニュースを配信中!

注目の記事