仮想通貨コインぽーたる

仮想通貨の知識や取引についての情報をわかりやすく発信する
初心者向けの仮想通貨ポータルサイト!

リップルとは?
国際送金システムや決済に利用される仮想通貨

リップルとは?国際送金システムや決済に利用される仮想通貨

リップル
通貨単位XRP
時価総額約7兆4,834億円(第3位)
価格193円前後(1XRP)

参考:
https://coinmarketcap.com/ (2018年1月現在)

リップル(Ripple)はアルトコインの一種で、
通貨単位「XRP」というネットワーク上の通貨を使用して、色々な取引ができるシステムです。

リップルは複数ある仮想通貨の中で、時価総額は上位に位置する仮想通貨となっており、
大企業Googleが出資した有名な仮想通貨です。

今回はそんなリップルの特徴について解説していきます。

リップルとは

リップルはカナダのRyan Fuggerという開発者より考案され、2004年にプロジェクトがスタートし、
2013年に通貨単位「XRP」が発行されました。

リップルのXRPは、銀行間の国際送金システムに利用される仮想通貨です。

過去には東京三菱UFJ銀行がリップルを使ったネットワーク利用を表明したことで、
価格が高騰し値上がりしました。

現在では世界中の大手銀行など、多くの銀行がリップルネットワークに参画しています。

最近ではスペイン最大手サンタンデール銀行が、リップルの開発したxCurrentを使用し、一般向けモバイル決済アプリをリリースすることを発表しました。

そのため、国際取引において注目され、
大きなポテンシャルを秘めながら現在の価格は低く買いやすいことで、注目される仮想通貨なのです。

リップルの取引におすすめの取引所


リップルとビットコインの違い

リップルとビットコインの違い

リップルは米国のRipple Incが発行する仮想通貨です。

ビットコインP2Pというシステムにより、発行元や中央管理者が存在しません。

リップルとビットコインの大きな違いは、リップルには発行・管理元が存在するという点にあります。

また、ビットコインの場合、ビットコイン=仮想通貨ですが、
リップルはリップル=仮想通貨と言うより、
仮想通貨を使用した金融システムの決済・送金システムのことを指しています。

P2Pとは?

P2P(ピアツーピア)とは?

P2P(ピアツーピア)とは、通常のネットワークのように中央サーバーを介さず、
個々の端末同士のみで成立するネットワークシステムの事を指します。

仮想通貨のビットコインはこのP2P方式を採用し、
中央管理者が存在しなくても、ユーザー同士で取引ができるようになっているのです。

ビットコインはすべての取引をブロックチェーンに記録することによって、
管理者が存在しなくても取引の整合性を保てる仕組みになっています。

ビットコインとは?人気の仮想通貨を解説

関連する記事

ビットコインとは?人気の仮想通貨を解説


リップルの特徴

リップルの特徴

リップルはXRPを使用し、
色々な通貨(円・ドル・ユーロ・ビットコインなど)と直接取引ができます。

例えば、ドル→XRP→円などの通貨間のやりとりができます。

XRPを利用することによって通常の円→ドルなどの両替に比べ、
リップルウォレット内で取引が完結するため、通貨の両替が不要になります。

そして、リップルの特徴の一つとして、
数秒で決済が完結し安い手数料での送金が可能です。

この取引の処理スピードは、ビットコインやイーサリアムを大きく上回っています。

従来の海外送金などの銀行間取引は、
送金システムで中継の銀行を通すので、送金に時間がかかり割高な手数料がかかります。

しかし、リップルネットワークを使うことで、
スピーディーな送金や安い手数料での取引ができ、コストの削減が可能になります。


リップルの基盤「XRP Ledger」とは

リップルはネットワーク内での決済プラットフォームです。

リップルネットーワークの基盤は「XRP Ledger」と呼ばれる分散型台帳です。

仮想通貨の分散型台帳で使用されているのは、ほとんどがブロックチェーンですが、
リップルではXRP Ledgerという台帳を使用しています。

ブロックチェーンとXRP Ledgerの違い

ブロックチェーンとXRP Ledgerの違い

ブロックチェーンとは、複数の取引データをブロック単位で保存し、
そのブロックをつなぎ中核となるデータベースに保存する取引データ技術のことです。

ブロックチェーンは分散して管理され、
不特定多数のユーザー同士がシステムを管理するので、分散型台帳と呼ばれます。

XRP Ledgerの特徴

先ほど説明したように、ブロックチェーンでは、
取引データをまとめたブロックの承認を不特定多数のユーザー(マイナー)が行います。

XRP Ledgerではブロックチェーンとは異なり、
Validator(特定の承認者)により取引の承認が行われます。

そのため、ビットコインとは違って取引承認にかかる時間が大幅に短縮され、
高速な取引を可能にしています。


リップルはマイニング(採掘)出来ない?

リップルはマイニング(採掘)出来ない?

マイニングとは

ビットコインなどのブロックチェーンを用いた仮想通貨は、
取引の承認やブロックを生成すことによって、
報酬として仮想通貨を手に入れることができるマイニング(採掘)という仕組みがあります。

マイニングには膨大な計算が必要となるため、
専用のスーパーコンピュータなどの装置を使って行います。

マイニングによって新しい仮想通貨が発行されるので、
ビットコインなど発行上限がある仮想通貨では、
流通する通貨の枚数がその発行上限に達するまでマイニングが行われます。

リップルはマイニングの必要がない

しかし、リップルには専用機器やマイニングソフトを利用してマイニングする仕組みはありません。

リップルのXRPの発行上限は1000億枚ですが、すでにそのすべてのXRPが発行済みであるため、
マイニングによって新たな通貨が発行されることが無いのです。


リップルを手に入れるには?

リップルを手に入れるには?

マイニングができないリップルを手に入れる方法は、取引所で購入するのみとなっています。

リップルは現在100円前後と、かなり手に入れやすい価格で推移しています。
(2018年2月現在)

2017年後半には、一時300円台まで急上昇したこともありましたが、
基本的には価格が安定している仮想通貨です。

今後の発展に期待し、価格が安い今のうちに購入しておくのも良いかもしれません。

リップルを購入するならビットトレードがオススメ!
ワンコインからでOK!ビットトレードへの登録方法・口座開設から取引開始までを解説

関連する記事

ワンコインからでOK!ビットトレードへの登録方法を解説

リップルを取引するなら

ビットトレード

ビットトレード

ビットトレードの基本情報

手数料0.2%
取扱コイン6種
最小販売単位0.0001 BTC
レバレッジ(最大)なし
ビットトレードの取扱コイン
  • ビットコイン
  • イーサ(イーサリアム)
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ

ワンコインから取引できる取引所

ビットトレードは、FXトレード・フィナンシャルグループが運営する仮想通貨取引所です。

FXトレード・フィナンシャルといえば、FX取引でも有名な会社で金融サービス面での信頼感もあり、初心者でも安心して使える取引所です。

ビットトレードでは取引最小単位が0.0001BTCのため、
わずか数百円程度から仮想通貨取引をスタートできるのがポイントです!

※1BTCの10000分の1の値段から購入可能なので、
現在の値段ならワンコインの500円から取引が始められます。(2018年1月現在)

初めての取引で、最初はあまりお金をかけたくないと思う初心者でも、
ワンコインから始められるので、まずはお試しで取引したい場合に便利な取引所です。

ビットトレードでは、仮想通貨取引が初めての方向けに「スタートガイド」が用意されています。
登録方法から取引ツールの操作方法まで、スマホとPCでそれぞれ詳しく説明されているため、
これから始めようと思っている方も安心です。

ビットトレードの取引ツールはスマホ取引にも完全対応!
PCと変わらない取引環境を、スマホでも快適に利用できるようになっています。

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの基本情報

手数料無料
取扱コイン5種
最小販売単位0.0001 BTC
レバレッジ(最大)5倍
GMOコインの取扱コイン
  • ビットコイン
  • イーサ(イーサリアム)
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

販売所だから狙った価格で売買しやすい

GMOコインはFXでも有名なGMOインターネットグループが運営する仮想通貨販売所です。

FXなどさまざまな金融サービスを提供していることもあり、
仮想通貨取引においても管理体制やセキュリティ面がしっかりしている販売所です。

GMOコインは仮想通貨「販売所」であり、常に価格が変動している取引所と違って、
提示された価格で取り引きしやすいといったメリットがあります。

取引に慣れていない初心者の方には、価格の流れが速い取引所よりも、
決まった価格で売買できる「販売所」の方が取引しやすいと思います。

仮想通貨を持ちたい、取引は慣れてからにしたい、と考えている方は、
まずは販売所であるGMOコインに登録しておくのがおすすめです。

仮想通貨取引専用アプリ

GMOが提供している仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、
ワンタップで注文可能な『スピード注文』やテクニカルツールなどの機能が充実しています。

専用アプリだからできる、スマホでの快適な取引環境が整っています。

GMOコインキャンペーン情報

GMOコインキャンペーン情報

新規口座開設でビットコイン(20000satoshi)がもらえるキャンペーン実施中!

Twitterはじめました!

サイトの更新情報や
仮想通貨のニュースを配信中!

注目の記事